移動: 案内, 検索

千年村の認証を希望する地域の方々へ

目次

1. プロジェクトによる千年村認証

1-1. 本プロジェクトでは千年村認証を行っています。認証によって、地域のよさが客観的に評価されます。
1-2. 認証の対象は大字もしくはそれに代わる地域となります。
1-3. この認証によって、千年村が長続きする秘訣が、客観的情報として本プロジェクトに蓄積され、公開されます。この情報は多くの地域のための良好な環境づくりの知識として活用されます。

2. 認証を受けるためには?

認証を受けるには以下の6つのプロセスが必要です。

2-1.チェックリストの提出
・申請者は千年村プロジェクトによって公開されている千年村チェックリストに従って地域の概要を記入します。
・記入に際しては千年村認証基準千年村をみるまなぶ(プロジェクトによる認証千年村の紹介)をご確認ください。
・記入したチェックリストを、郵送もしくは電子メールにて事務局に送付します。

2-2.書類審査(チェックリスト確認)
提出いただいたチェックリストを千年村プロジェクトが確認し、申請された地域が千年村認証基準に合致しているかを判断します。
この段階で明らかに千年村に該当しないと判断された場合は認証不可となります。

2-3.現地調査
・認証にはチェックリストをもとにした、千年村プロジェクトによる現地調査が必須となります
・原則2名の調査員が現地に伺います。
・現地調査では、地域の概要把握・チェックリスト内容の現地確認・あらかじめ準備された参考資料の確認(市町村誌、郷土資料、地形図、古地図)などをおこないます。

2-4.現地調査レポートの確認
申請者は、調査員が作成した現地調査レポートを確認します。

2-5.認証評価の確認
調査員は現地調査レポートを元に認証評価案を作成し、千年村プロジェクト内部にて調査結果を報告します。同プロジェクト内にて審議の上、認証結果を申請者に報告します。

2-6.管理者の決定
・千年村プロジェクトは、大字もしくはそれに代わる地域を対象とした地域に認定証を授与します。
・申請された地域は、認定証を受けとるための主体(管理者)を決定する必要があります。管理者は、以降その地域の認証千年村の資格を継続するための責任者となります。認定証には地域名と同時に、管理者名を明記します。
・同管理者は地域の認証を継続させることを目的として、本人が千年村プロジェクトと連絡が可能な方を対象とします。管理者が変更になる場合は必ず千年村プロジェクトに連絡する必要があります。

3.認証にかかる経費について

プロジェクトメンバーを含む調査員2名による現地調査を基準としています。
交通費や宿泊費などを含む現地訪問に関わる実費のほか、認証後のウェブサイト反映のための初期費用(専門業者による作業費)を申請者にご負担いただきます。

4.認証千年村の特典

千年村プロジェクトによって認証された千年村(=認証千年村)には、以下の特典が付与されます。
 ・千年村プロジェクトウェブサイトにおける認証千年村としての紹介
 ・同ウェブサイト内、千年村マップにおける認証千年村の位置表示と概要紹介
 ・千年村プロジェクトからの千年村認定証の公布
 ・認証地域の持続に寄与する公共活動に対する認証千年村の名称、千年村プロジェクトのロゴマークの使用

5.認証を持続する

千年村プロジェクトは認証千年村との継続的交流を通して、その地域が認証基準に合致しているかを定期的に判断します。管理者は千年村プロジェクトに対し、年に一度の地域の報告かつ認証評価を大きく変える事態が発生した場合の報告を必須とします。

6.認証の取り消し

千年村プロジェクトは認証千年村の認証を以下の場合に取り消します。
 ・管理者と連絡が取れなくなった場合
 ・管理者から年に一度の地域の報告かつ認証評価を大きく変える事態が発生した場合の報告が届かなくなった場合
 ・認証千年村が、千年村認証基準を満たさなくなったことが判明した場合
上記に基づき、一年の猶予ののちに、認証千年村はその認証を取り消されます。以降、認証千年村の特典は消滅します。

7.問い合わせ先

以上に関してご不明な点は、下記お問い合わせ先にご連絡下さい。
〒169-8555
東京都新宿区大久保3-4-1 55N-8F-09
早稲田大学創造理工学部 建築学科・中谷礼仁研究室
千年村プロジェクト事務局
電話(ファックス):03-5286-2496
メールアドレス:mille-vill_secretariat@googlegroups.com