移動: 案内, 検索

千年村憲章 / Millennium Village Charter

2016年8月25日 千年村プロジェクト決議


過去の人間も間違い、そして今後も人間は間違い続ける。しかし人間がいま犯しうる間違いの量は桁外れに増加している。
ここに人類が現在、生き続けることの困難がある。
わたしたちは、これからの千年を生き続けることができるであろうか?
このような根本的な問いに立ちいたった時、発見されたのが〈千年村〉という活動基盤である。

私たち人間は45億年の時間が生み出した多様な環境をもとに、各地で糧を生み出し、差異ある集団を形成し、争いをも含んだ交流・交通によって、結果として有史以来の数千年をかたち作ってきた。
それらの持続は、その時々の高位な政治形態下においてもなお、連綿と地域の生存単位によって経営されてきたことをこそ重視したい。

このような生存単位を〈村〉と呼ぶ。
その村が千年近くの時間を生き延びてきたのであれば、そこにはすでに長期的生存にまつわる仕組みが育まれてきているはずである。
また生存単位は単なる保存ではなく、将来にわたるその維持・再生産を必要としている。

千年近く持続してきた生存単位〈千年村〉に着目し、これからの千年を生き延びるために行われる諸活動のために、わたしたち〈千年村〉プロジェクトは、千年村憲章をここに記す。


1.基本的生存単位の尊重
わたしたちは、長期にわたって先行した生存単位のあり方を尊重する。
2. 地域からの発想
その単位の今後の持続の方法は地域の特性にまず依拠する。
3. 〈千年村〉の普及
〈千年村〉の持続方法を客観化し、啓蒙、共有することにつとめる。
4. 継続のための活動
〈千年村〉を持続させるための活動、ならびに協力をおこなう。
以上

*千年村プロジェクトについての具体的な入会方法は2017年3月をめどに決定し、このプロジェクトをより開かれた活動に進展させる予定です。


Resolved by “Mille-Vill”, Millennium Village Project, 25th, August, 2016


Humankind have failed. And they will fail again.
However, the amount of mistakes that humankind can commit now has been enormously increased. That makes our lives more challenging.
Will we be able to survive for the next millennium? When we come to face such a fundamental issue like this, we discovered the concept “Millennium Village”, as a definition for the time and space in which our activities are developed.

On the basis of the diverse environments existing on Earth for 4.5 billion years, we humankind produced food supplies in various locations, formed different groups, designed the way of exchange and transportation and even for social dispute. Thus human history was shaped. As for that human history and its continuation, it came as a result of the uninterrupted self-management by local social units, rather than high-level political ruling.
Those local units for survival we want to emphasize.

Survival units like those are called “Villages”.
When a certain village has survived for a millennium, a long term survival rate may be possible through its previously constructed structure .
This survival unit is not only just to be preserved, but it is necessary to maintain and reproduce for future needs.

We Millennium Village Project inscribe this charter for the survival of humanity through diverse movements also for the next millennium, which is why we have been observing the survival unit the past millennium.


1. Appreciation for the basic survival unit
We will value the original survival unit for long term.
2. Perspective from regional community
The future survival of the unit depends on the characteristic of region.
3. Popularization of “Millennium Village”
We work to objectify the process of prolonging, enlightening, and sharing for the millennium village.
4. Movement for continuation.
We strive for the cooperation and the sustaining movement for millennium village.


  • By the end of March 2017, we will focus on the detailed registration of the millennium project, so that we can make it a more wide and sustaining movement.

2016年8月25日 千年村项目决议


人类的历史是犯错与修正的叠加,前人所犯的错误,后人依然会犯。
但是,现今人类犯错的能力已今非昔比,因此人类的存续已是困难重重。
人类是否能够存续于下一个千年?面对这个根本的问题,我们发现了千年村项目的意义。

人类赖以生存的环境是经过45亿年的演化才形成的。
在世界各地,从粮食生产,形成不同的集团,到各集团间的交通与交流,最终形成了有史以来数千年的生存形态。
这一切的存续,不只受到不同时期不同地域上层政治形态的影响,更依赖于连绵的地域性生存单位的苦心经营。

我们将这类的生产单位称为“村”。
那些存续了千年的村中,必然孕育出了适合长期生存的构造。
面对这些生存单位时,我们不应只着眼于冷冻保存,构造的维持和再开发,对将来的发展是必要的。

着眼于这些已存续千年的生存单位“千年村”,为了迎接下一个千年,为了保障各种活动的实施,在此起草千年村宪章。


1.尊重基础生存单位
我们尊重长期发展得来的传统生存单位的形态
2.基于地域的发展构想
依据地域的特性制定可持续的发展构想
3.<千年村>的普及
将<千年村>的持续发展法客观化,致力于<千年村>活动的启蒙与分享
4.长久发展,积极活动
为了实现<千年村>活动的持续发展,积极支援再生产活动


  • 千年村项目的入会方法将于2017年3月最终决定,我们致力于使本项目成为开放的活动。