移動: 案内, 検索

ゲストブック

* 情報提供に対する訂正作業は担当者不在の為、2023年1月1日以降、いったん停止させていただきます。(2022.12.28)

  • ゲストブックからお寄せいただいた情報により、千年村候補地プロット(位置情報)のアップデートを行います。千年村候補地は地図情報として「千年村を見つける」に反映されます。
  • まず、千年村プロット更新に必要な情報は、情報提供者からの具体的な位置情報の提案、その根拠となる出典、情報提供者の名前です。
  • アップデートは年2回(6月、12月ごろ)を予定しています。
  • アップデートの際は、情報提供者の方に、ご記入いただいたEメール(非公開・事務連絡用)より、確認にご協力いただきます。
青地 一郎 2017-10-23 @ 03:13:54

 一昨日の朝日新聞BEで、千年村プロジェクトのことを知りました。さっそく私の住んでいる所の

そばにどこがあるか拝見しましたら、滋賀県栗太郡梨原郷が載っており興味を持ちました。
 十年ほど前、この近くに青地城が現在の志津小学校になぜ築かれたか地理的な面から調べたこと

があります。うやむやになってしまいましたがこのプロジェクトと重なるところがあり参考にして

いただけたらと思います。
 梨原郷の場所としてマーキングされている場所の東方向に草津川が流れておりますが、すこし遡

りますと山の尾根を切って流れております。このような地形は自然ではありえないもので、人工的

に切り開いたことがわかります。川の流れが、等高線と平行に近いかたちで流れていることからも

わかるかと思います。このような指摘は、土木関係や草津市教育委員会の方と話し合ったときそれ

ぞれからききました。確定的な証拠もなくうやむやのなっているようです。
 尾根を切ってある上流付近から元の草津川は別の方向に流れていることになります。マーキング

してあるところに川が流れていますが、叔母川といいます。地図をよく見ていただければ、桐生地

区の草津川付近が源流らしいことがわかります。この叔母川が元の草津川ではないかと教育委員会

の方とも意見が一致しました。青地城の近くの田を深く掘ったら川原石らしいものが出てきたとの

話も聞いております。
 ではいつ草津川が付け替えられたのか。草津川は北のほうにしばらく流れ西に方向を変えます。

ここでも自然の流れる方向からずれてまっすぐ琵琶湖に流れ込んでいました。この流れは条理をつ

っきて流れており、平行に流れています。条理の中を川が流れるということは川が先にあればこの

ようなことは避けているはずです。この付近の条理の成立は鎌倉時代ではないかと言われており、

これ以降に草津川が付け替えられたということになります。
 そしたら下限はいつかということになりますが、全く資料が見つかっていません。江戸時代だと

すると、これほどの大事業にもかかわらず記録がないということは考えられませんから、中世とい

うことになります。中世この付近は比叡山延暦寺の寺領と金勝寺、一部園城寺の寺院勢力と、佐々

木六角氏およびその家臣の青地氏の勢力が拮抗する所となっていました。この中のどこかが主体に

なってこの事業をしたのだと考えています。
 平安時代に編纂された『和名類聚抄』から梨原郷という地名を拾われたとのことですが、その時

のビスタは大きく変わったことになります。なぜ大きな環境変化にもかかわらずこの郷村が維持さ

れてきたのかお教えいただければ幸いです。

追加:滋賀県の郷名一覧から探したのですが、その下にある「現在地に比定できなかった郷名一覧

」は滋賀県の地名にもかかわらず、三重県となっています。間違いではないでしょうか。

返信返信
ウェブ担当 荻野 2017-10-25 @ 10:25:04

青地一郎 様

朝日新聞の記事をご覧いただき、また本サイトへお越しいただきありがとうございました。

滋賀県の栗太郡梨原郷につきまして、詳細な情報を提供いただきありがとうございます。
本プロジェクトでは、『和名類聚抄』に記載のある郷のうち、地名研究者による成果を元に現在地に比定できる地域をプロットいたしました。詳細なプロット手法についてはこちらをご覧ください。
それらの場所は、平安期からそこで生産と生活が行われてきたと仮定して「千年村候補地」としています。
青地様が研究されている滋賀県栗太郡梨原郷については、大きな環境変化があるにも関わらず、人々の営みが持続的に現在まで続いてきたのは非常に興味深いことだと思います。
私どもは当地域の調査を行なっていないため、詳しいことをお答えすることができません。これまで調査した関東の千年村候補地では、傾向として段丘上や自然堤防上などの地盤が安定している場所や山際の微高地などに旧集落が残っており、その周囲で生産や開発を行なっているものが多かったです。梨原郷が比定される地域では河川事業は扇状地で行われており、地域内に段丘で周囲より高くなっている場所があるようですので、上記の傾向に当てはまるものかもしれません。(以上は、あくまで土地条件図や航空写真などからの簡単な推測です。)
条理への変化、河川事業による大規模な環境変化は、その他の地域へと展開できる重大なテーマであると考えられます。今後、千年村プロジェクトによる研究が展開し、もし新たな情報がわかりましたら改めてお答えさせていただきます。引き続きよろしくおねがいいたします。

また滋賀県の「現在地に比定できなかった郷名」につきましてはご指摘の通り誤った情報が反映されておりました。少々時間はかかってしまいますが訂正させていただきます。ご指摘いただきありがとうございます。

返信返信
青地 一郎 2017-10-23 @ 03:12:05

いま、投稿をしたのですがエラーが起こっているようです。メールが届いているか連絡下さい。1300字程になります。MY

返信返信
石田信夫 2017-10-22 @ 01:42:49

八上郡丹比(たじひ)郷(鳥取県)は若桜鉄道では「丹比駅」(たんぴえき)として郷名が残っています。現在もその周辺を丹比(たんぴ)地区と呼んでいます。現在の地名では、北山、富枝などが中心です。

返信返信
ウェブ担当 荻野 2017-10-25 @ 10:17:50

石田信夫 様

本サイトへお越しいただきありがとうございました。

現在地を比定できなかった場所に関して、貴重な情報をご提供いただきありがとうございます。
少々お時間をいただいてしまいますが、八上郡丹比郷については一般提供情報として石田様からいただいた情報を地図に反映させていただきます。
地図への反映に際しまして、情報提供者として石田様のお名前を記載させていただきます。不都合がございましたらご返信いただきたく存じます。

今後ともよろしくお願い致します。

返信返信
トシアキ 2017-10-21 @ 13:08:04

和泉郡木島郷大阪府)は、現在の貝塚市の清児町、名越町、森町、三ツ松町、水間町から成る木島地区のことです。今も、小学校の名前は木島小学校です。朝日新聞の今日の記事拝見しました。素晴らしい活動ですね。祭礼があったり、地理的条件も、記事に書かれている環境にあると思います。

返信返信
ウェブ担当 荻野 2017-10-25 @ 10:16:25

トシアキ 様

朝日新聞の記事をご覧いただき、また、本サイトへお越しいただきありがとうございました。

和泉郡木島郷につきまして、貴重な情報をご提供いただきありがとうございます。地区名として名前が存続しているのですね。少々時間をいただくことになってしまいますが、一般提供情報としてトシアキ様からいただきました情報を地図へと反映させていただきます。
その際に、情報提供者としてトシアキ様のお名前を記載させていただきます。問題がございましたらご返信いただきたく存じます。

今後ともよろしくお願い致します。

返信返信
福井三枝子 2017-10-21 @ 04:06:06

土岐郡日吉郷(岐阜県)は
現在の岐阜県瑞浪市日吉町だと思いますがいかがでしょう

返信返信
ウェブ担当 荻野 2017-10-25 @ 10:15:10

福井三枝子 様

本サイトへお越しいただきありがとうございました。

岐阜県の「土岐郡日吉郷」に関して情報を頂きありがとうございます。少々お時間をいただきますが、福井様から頂きました情報を一般提供情報として地図に反映させていただきます。
日吉郷につきまして、さらに詳しい情報がございましたら併せて反映いたしますので、お知らせ下さい。また地図への反映に際しまして、福井様のお名前を記載させていただきますが、問題がございましたらご返信ください。

この度はありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

返信返信
えりか 2017-08-07 @ 09:08:19

 こんにちは。
 私は酪農に興味があるのですが、酪農が盛んな千年村、または伝統的な牛舎のある千年村はありますか?

返信返信
ウェブ担当 荻野 2017-08-28 @ 09:47:37

えりか 様

ご返信が遅れてしまい申し訳ありません。
当サイトにお越しいただきありがとうございました。

ご質問いただいた内容に関してですが、私共の調査した範囲では集落単位で酪農を行なっている千年村候補地は未だ実見したことがありません。お役に立てず申し訳ありません。

今後の調査で酪農を主要な産業として行なっている千年村候補地が見つかりましたら、改めて回答させていただきます。

今後とも宜しくお願い致します。

返信返信
牛嶋英俊 2017-05-08 @ 00:16:02

福岡県宮若市の金生地区は 、鞍手郡金生郷の故地といわれてますが、どうなんですか。当時は太宰府の観世音寺領として知られています。

返信返信
ウェブ担当 鈴木 2017-06-06 @ 05:07:19

牛嶋 英俊 様

ご返信が遅くなってしまい申し訳ございません。
当サイトへお越しいただきありがとうございました。

この度は貴重な情報をご提供いただきありがとうございます。
私どもは『和名類聚抄』の郷名比定地による〈千年村〉データベースの扱いについての手順で既往の地名研究の成果を地図上に反映致しました。
その際に鞍手郡金生郷は比定できなかった場所になります。
つきましては、少々お時間をいただいてしまいますが、一般提供情報として牛嶋様の情報を地図に反映させていただきます。
その際に、牛嶋様のお名前と併せて投稿したいと思っております。問題がございましたらご返信ください。

また、牛嶋様からの情報をご提供いただいた際に、福岡県の未比定の郷名一覧より鞍手郡が丸々抜けてしまっていることを発見することができました。
重ねてお礼申し上げます。

今後ともよろしくお願い致します。

返信返信
仏像文化財修復工房 松岡誠一 (http://www.h7.dion.ne.jp/~butsuzou/) 2017-05-07 @ 12:42:57

新潟で、文化財としての仏像修復しています。和名類聚抄の郷名と、古い仏像の所在地が合致するところもありそうで、資料と見比べてみたいと思います。
仏像が文献のあまり残っていない古い地域の歴史を体現するものだと、証明出来たらいいなと思います。

返信返信
ウェブ担当 鈴木 2017-06-06 @ 04:48:49

松岡 誠一 様

ご返信が遅くなってしまい申し訳ございません。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

私どもは、地名がその地域の古さを示す客観的資料のひとつとして、それを可視化しましたが、それ以外にも古い地域の歴史を表すものは多くあるはずです。
千年村プロジェクトのデータベースが松岡様の研究にお役に立ちますと幸いです。

松岡様の研究の益々のご発展をお祈りしております。
今後とも宜しくお願い致します。

千年村プロジェクト
ウェブ担当 鈴木

返信返信
9 8 7 6 5 4 3 2 1